ベースブレッドのミニ食パンのカロリーは?コンビニの低糖質パンと比較してみた【写真多め】

ベースブレッド新作!
ミニ食パン・プレーンをゲットしたので、
ーソンのブラン入り食パンと
比較しました!

2022年5月24日に発売された
ベースブレッドのミニ食パン。

普通にミニ食パンを食レポするだけじゃつまらないので、
ローソンのブラン入り食パンと比べてみました!

この記事はこんな人にオススメ!
  • ベースブレッドミニ食パンの糖質は高い?低い?
  • ベースブレッドミニ食パンは一般的な食パンとどう違うの?
  • ベースブレッドミニ食パンはローソンのブラン入りパンと違いはある?

ベースブレッドにするか、コンビニやスーパーで買える低糖質パンにするか悩んでいる人のお役に立てれば嬉しいです。

\ダイエット向き!アレンジレシピ/

よく読まれるベースブレッド記事!

公式サイトはこちら

ミニ食パンの購入はこちらから⇒BASE FOOD|ベースブレッド公式サイト

ブラン入り食パンの詳細はこちらから⇒LAWSON|ローソン公式サイト

タップして見たい部分にジャンプ

ベースブレッドのミニ食パン・プレーンを購入!ローソンのブラン入り食パンと8項目を比較

今回、ベースブレッドのミニ食パン・プレーンと比較するのは、LAWSONで販売されているブラン入り食パン(乳酸菌入)です。

ローソンのブラン入り食パンは、ベースブレッドと同じく糖質が控えめです。

比較したのは下記の8項目です。

  1. 価格
  2. 賞味期限(消費期限)
  3. 原材料
  4. 栄養成分表示
  5. 大きさ(重さ)
  6. そのまま食べた場合
  7. トーストした場合
  8. 美味しさランキング

>>比較結果だけを知りたい方はまとめをご覧ください。

ベースブレッドミニ食パンの価格と比較

左:ローソン 右:ベースブレッド
LAWSONブラン入り食パンベースブレッドミニ食パン
130円(税込)定価 200円(税込)
公式サイト購入価格 160円(税込)

ベースブレッドミニ食パン1袋:2枚入り

LAWSONブラン入り食パン1袋:4枚入り

価格は、ローソンのブラン入り食パンの方が安いです。

ちなみに見た目の大きさは違って見えますが、1枚あたりの重さは同じくらいです。

(後ほどサイズの比較でも詳しく紹介します)

LAWSONブラン入り食パン
1枚の重さ
ベースブレッドミニ食パン
1枚の重さ
43g約37g
(2枚で75g)

ベースブレッドミニ食パンは定価200円(税込)ですが、公式サイト で購入すると初回は20%割引(160円)、2回目以降は10%割引(180円)で購入することができます。

ベースブレッドのミニ食パンの賞味期限と比較

2022.6.23に購入
2022.6.17に自宅に届いた
LAWSONブラン入り食パン
消費期限
ベースブレッドミニ食パン
賞味期限
約4日

2022.6.23購入
2022.6.26消費期限
約1ヶ月

2022.6.17自宅に届く
2022.7.20賞味期限

どちらも常温保存。
ベースブレッドの方が長持ちです!

ローソンのブラン入り食パンには消費期限、ベースブレッドミニ食パンには賞味期限が記載されています。

消費期限:安全に食べられる期限

賞味期限:品質が変わらずにおいしく食べられる期限

参考:「消費期限」と「賞味期限」の違いは?:農林水産省 (maff.go.jp)

ベースブレッドミニ食パンは賞味期限が長いので、多めに買っても大丈夫!いざという時のダイエット常備食としても役立ちます。

ベースブレッドミニ食パンの原材料と比較

原材料名の見かた

  • 使用した原材料を重量順に表示しています
  • 添加物は食材と区分。「/」以降にあるのは添加物です(重量順に表示)
LAWSONのブラン入り食パン
 LAWSONブラン入り食パン
小麦粉(国内製造)、大豆粉、植物性たん白、マーガリン、糖類、パン酵母、小麦ふすま、食塩、脱脂大豆粉、発酵種、脱脂粉乳、ライ麦粉、殺菌乳酸菌パウダー、麦芽エキス、麦芽粉末/加工デンプン、トレハロース、酢酸(Na)、乳化剤、カラメル色素、甘味料(ステビア)、イーストフード、V.C、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
ベースブレッドミニ食パン
ベースブレッドミニ食パン
小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、生クリーム(乳成分を含む)、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/乳化剤、酒精、調味料(無機塩)、酸味料

ローソンのブラン入り食パンの方が添加物が多かったです。

ベースブレッドミニ食パンは添加物が少なめ!

食品添加物は、食品の品質を保ったり、食品の栄養を強化する役割もあり、一概に食品添加物は身体に悪いというわけではありません。(注意が必要な添加物もあります)

ですが、食品添加物は少ないほうが良いに越したことはないです。

ベースブレッドミニ食パンのカロリーや糖質などの栄養成分表示と比較

LAWSONのブラン入り食パン
 LAWSONブラン入り食パン
1枚(43g)
熱量:112kcal
たんぱく質:6.5g
脂質:3.1g
炭水化物:15.6g
糖質:13.2g
食物繊維:2.4g
食塩相当量:0.7g
ベースブレッドミニ食パン
ベースブレッドミニ食パン
1袋2枚(75g)
熱量:233kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:7.2g
炭水化物:25.4g
糖質:22.2g
食物繊維:3.2g
食塩相当量:1.0g

重さが違うので比較しにくかったため、重さを揃えて比較し直しました!

ついでに通常の食パンも比較しました

重さ75g通常の食パンブラン入り食パンベースブレッドミニ食パン
熱量198kcal195kcal233kcal
たんぱく質6.9g11.3g13.5g
脂質3.3g5.4g7.2g
炭水化物35.0g27.2g25.4g
糖質33.3g23.0g22.2g
食物繊維1.7g4.2g3.2g
食塩相当量1.0g1.2g1.0g

補足】通常の食パンの栄養成分表示はカロリーSlism – 栄養成分/カロリー計算を参考に計算しました

ベースブレッドもローソンのブラン入り食パンも、通常の食パンより高タンパク質で低糖質

ただ…両方とも、通常の食パンとカロリーはほぼ同じです。しかも、脂質量は通常の食パンの方が少ないです!

食パンより脂質が高めなのが気になる!

ですが、ベースブレッドミニ食パンには脂質の代謝を助けるビタミンB2が含まれています。

(ビタミンB2が脂質を燃焼させてエネルギーに変える手助けをしてくれます)

しかも、含まれているのはビタミンB2だけでなく、糖質の代謝に欠かせないビタミンB1やむくみを予防するカリウムなど、脂肪燃焼をサポートする栄養素がバランスよく配合されているので、まさにダイエッターの救世主!

出典:BASE FOOD

※1食あたりの推奨摂取量との各栄養素比較(推定値)

※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合

ダイエッターの救世主!
ありがたやー--

>>ベースブレッドミニ食パン・プレーンの詳細はこちら

前半は、下記4つを比較しました。

  1. 価格
  2. 賞味期限(消費期限)
  3. 原材料
  4. 栄養成分表示

後半は、こちらの4つを比較します。

  1. 大きさ(重さ)
  2. そのまま食べた場合
  3. トーストした場合
  4. 美味しさランキング

ベースブレッドミニ食パンの大きさと比較

左:ブラン入り食パン 右:ベースブレッドミニ食パン

見た目の大きさは、ローソンのブラン入り食パンが大きいです。

LAWSONのブラン入り食パン
ベースブレッドミニ食パン

ブラン入りパンの方が見た目は大きいのにも関わらず、量ってみると重さは同じくらい

LAWSONのブラン入り食パン
LAWSONブラン入り食パン
1枚の重さ
43g
ベースブレッドミニ食パン
ベースブレッドミニ食パン
1枚の重さ
約37g
(2枚で75g)

ちなみに、パンの厚さを横から見たら、ベースブレッドミニ食パンの方が厚い!

左:ブラン入り食パン 右:ベースブレッドミニ食パン

ベースブレッドミニ食パンとブラン入り食パンをそのまま食べてみた

まずはローソンのブラン入り食パンから!

ブラン入り食パン

食パンを食べようと顔を近づけると、ブランの良い香りがほんのりしました!

(ひと口かじってみて…)
ふんわりとして柔らかい。

しっとりした食感で、味はクセもなく、食べやすいです。

そして、次はベースブレッドミニ食パン

ベースブレッドミニ食パン

間近でみると、分厚さが分かる!

ベースブレッドミニ食パンを袋から出した途端、全粒粉の芳ばしい香りがすぐ分かります。

ベースブレッドミニ食パン

触ってみると、ふんわりしているものの、ひと口食べてみれば、ずっしりしていて噛み応えバッチリ!

普段、早食いになってしまう私でも、自然とよく噛んでしまいます。

ベースブレッドにはチアシードが含まれているので、チアシードのプチっと食感もあります。

チアシードの健康効果
  • 腸内環境を整える効果
  • 骨粗しょう症を予防する効果
  • 生活習慣病の予防・改善効果
  • 美肌効果

参考:チアシード | 成分情報 | わかさの秘密 (wakasa.jp)

ベースブレッドミニ食パンとブラン入り食パンをトーストしてみた

ちょっぴり焦がしました。

左:ブラン入り食パン 右:ベースブレッドミニ食パン

まずは、ブラン入り食パンから食べてみました!

ブラン入り食パン

ブラン入り食パンの厚さが薄いからか、焼くと中も外もカリカリです!

これはカリカリ好きにはたまらんやつ…!
(カリカリになりすぎたのは、焼き過ぎたからかもしれない)

次に、ベースブレッドミニ食パンを食べてみました。

ベースブレッドミニ食パン

トーストしたベースブレッドミニ食パンを食べてみると、外はカリッと中はモチっとしています。

しかも、そのまま食べるよりもトーストした方が甘みがありました!

ベースブレッドミニ食パンはそのまま食べるよりも、焼いた方が断然美味しい!

食べ比べて美味しいのはどれ?ランキング形式で発表!

食べ比べて、美味しかった順に発表です!

※あくまで個人的な意見なので、参考程度に読んでほしいです。

1位 ベースブレッドミニ食パン(トーストver)

カリモチ食感といい、パンの甘さといい、どれも最高でした。

袋に記載ある食べ方には「あたためなくても召し上がることができる」と記載ありますが、これは絶対トーストするべき!トーストする方がモチモチ食感と甘みが際立つので、バターやジャムなど何もつけなくても美味しかったです。

2位 ブラン入り食パン(そのままver)

ふんわり食感が美味しいシンプルなパン!ほんのりとした優しい甘さが良い感じ。

3位 ベースブレッドミニ食パン(そのままver)

ずっしりとした食感で食べごたえ抜群!

そのままでも普通に美味しいんだけど、トーストをしたのを食べてしまうと美味しさが霞んでしまいました。

4位 ブラン入り食パン(トーストver)

トーストすると、甘みがあまり感じられませんでした。個人的には焼くよりもそのまま食べる方が好きです。

まとめ|ベースブレッドミニ食パンとLAWSONのブラン入り食パンを比較した結果

ブラン入り食パンベースブレッドミニ食パン
価格1袋4枚
130円(税込)
1袋2枚
定価200円(税込)
最安値 160円(税込)
賞味期限
消費期限
約4日約1ヶ月
原材料小麦粉(国内製造)、大豆粉、植物性たん白、マーガリン、糖類、パン酵母、小麦ふすま、食塩、脱脂大豆粉、発酵種、脱脂粉乳、ライ麦粉、殺菌乳酸菌パウダー、麦芽エキス、麦芽粉末/加工デンプン、トレハロース、酢酸(Na)、乳化剤、カラメル色素、甘味料(ステビア)、イーストフード、V.C、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、生クリーム(乳成分を含む)、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/乳化剤、酒精、調味料(無機塩)、酸味料
栄養成分表示【1枚(43g)】
熱量:112kcal
たんぱく質:6.5g
脂質:3.1g
炭水化物:15.6g
糖質:13.2g
食物繊維:2.4g
食塩相当量:0.7g
【1袋2枚(75g)】
熱量:233kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:7.2g
炭水化物:25.4g
糖質:22.2g
食物繊維:3.2g
食塩相当量:1.0g
大きさ(重さ)1枚43g1枚約37g
(2枚で75g)
そのまま食べるしっとりした食感
クセがなくて食べやすい
ふんわりとして柔らかい
ずっしりとして噛み応えがある
チアシードのプチっと食感あり
トーストするカリカリで甘みが物足りない外はカリッと中はモチっと
焼いたことで甘みが際立つ

今回は、ベースブレッドミニ食パンとローソンのブラン入り食パンを食べ比べてみました!

「ブラン入り食パンって思ったよりも添加物が入っているんだなぁ」とか「ベースブレッドのずっしり感はやっぱりすごいなぁ」とか比較してみて分かったことが沢山あります。

ベースブレッドをずっとリピしていこうって、改めて思いました!

ベースブレッドでは、ミニ食パン以外にもチョコレート味やメープル味、カレー味など色んなパンを楽しむことができます。

「ダイエット中だけどパンが食べたい!」

「糖質制限中だけどパン食べたい欲が爆発しちゃいそう!」

って方はぜひ、ベースブレッドを試してみてください!

\20%割引で購入することができます/

こちらの記事も合わせてオススメです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップして見たい部分にジャンプ